2017年04月26日

なんじゃこりゃ。

ども、ぱっくんちょです。
久々にときめいた生体が入荷しましたのでご紹介します。

134628-3.jpg

コリドラス・スーパーシュワルツィ“ショートボディ”

完璧なまでのショート・・・
曲がり、へこみもありません!
ひたすらにコロコロしています。
背ビレもしっかり伸びてきそうな予感。

輸入時の仕入れに行った際、各ショップ様との争奪戦の末、見事じゃんけんで勝利し当店へ入荷する事ができました。ちなみにですが、同時輸入されたロングノーズアッシャー、セミロングのスーパーシュワルツィ、バルバータス(オス)なんぞも来ています。本命のナルキッススは惜しくも敗れて仕入れられずでしたが・・・。

さてさて、どのくらい丸っこいか通常個体と比べてみましょ・・・

IMG_9607.jpg

こんな感じ。

まだ入荷後一週間程度なので尾ビレの先が少し伸びきっていませんが、これは成長と共にばっちり元通りになることでしょう。もちろん1匹のみの入荷ですので、特殊個体をお探しの方はコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?
ラインもショートにしてはわりとキレイなのでおすすめです。

今週中には早い者勝ちの一点物で販売開始しますのでお楽しみに!

それとこちら。
面白いプレコも少々きております。

IMG_9612.jpg

LDA010
現地からはLナンバーの他に、レオパードクラウンだかレオパードフラッドヘッドのインボイスで輸入された個体になります。

マットグロッソ産・・・
Hypostomus mutucaeでしょうか?
問屋ではコシポークラウンじゃね?的な雰囲気になっていましたが、それはそれでっぽいだけなような。なんにせよ、ちょこっとしか来ていなかったので全て買い占めてきております。水槽内で落ち着くとイエローの発色が美しく、レオパード模様が良く映えます。

アバカシのチビにも見えてきますが・・・

ご興味のある方は是非!
こちらは来週以降の販売開始になります。数も少なく着状態も良くなかったものでしっかりとトリートメントをさせてください・・・

・・・

それでは!
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 16:34| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

ハゼ


どうもぱなぱなです。


134036-1.jpg

デザート・ゴビー
オーストラリアの乾燥地帯、砂漠の中の小さな川に生息しておりオスの背中が白く縁どられるのが綺麗な小型のハゼです。
一見普通のハゼに見えますが水温40度近くまで耐えられる、乾季に水が干上がってしまっても砂の中に潜って雨季まで耐える、塩分濃度やPHの変動、水質汚染にも耐えられるという…とんでもないやつです。
だからといって試すようなことはせず普通に飼育してあげてください…


134036-2.jpg

当店では純淡水でイトメを常に与えて管理しています。
繁殖も可能で、今回ペアでリリースしておりますのでぜひぜひ挑戦してみて下さい。
発情したオスが黄色くなる姿は綺麗デスヨ!

それでは…




posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 22:59| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

スファエリクティス


どうもぱなぱなです。


46183-1.jpg

スファエリクティス・セラタネンシス

見た目がチョコグラに似ておりよく比較されるセラタネンシスです。
こちらは体側の白いラインが縦にも入り、ヒレに赤みが出てくるのが特徴です。
チョコグラの仲間ですので飼育に関してはチョコグラ同様で、ブラックウォーターにして清潔な水質を保ってください。強い水流も苦手ですのでスポンジフィルターもしくは水流が弱くなるように調整してあげて下さい。
当店ではブラインと赤虫で管理してますのでブラインが用意できない人もご安心ください!
流通量は決して多くない気がします…のでぜひお早めに!!


147890-1.jpg

パラスファエリクティス・オケラータス

体側の目玉のような黒い丸が特徴的なチョコグラの仲間です。
飼育、管理方法は上記のセラタネンシスと同様で大丈夫です!
ブラインと赤虫で管理しており、人工飼料にはこれから餌付かせていきます。
オケラータスつながりで…


17491-1.jpg

ネオンランプロローグス・オケラータス

今月のアクアライフで掲載されていますようにタンガニイカ湖に生息し、巻貝を使って子育てをするシクリッドです。
雌雄の判別は難しいので、複数匹で飼育し自然にペアを得たほうがいいです。巻貝は繁殖に使うだけでなく、成魚の隠れ家にもしたりしますので見ていて飽きないですヨ!
サイズも小さく、なにより親魚に任せておいても問題ないといういいとこ尽くしな魚です。
カラバリエーションもありブルーのタイプもいますので、ネオタウマの貝殻とご一緒にいかがでしょうか。

それでは…
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 23:07| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする