2018年04月10日

新着!

ども、ぱっくんちょです。
最近Twitterばっかりでしたのでたまにはこちらも…

581693-1.jpg

L333!!
前回大反響だった細ラインタイプ!
今回もなかなかキレイ目な個体が来ております。
黒くなるかな…太くなるかなぁ…と心配もつきないものではありますが、ひとまず入荷から1か月以上経ちソイルストックでも細ラインのまま維持されているので一安心かと?

んで、毎年この時期恒例になりつつありますが…
新着ベタ!!色々来ています。

こんな…

ネモ1.jpgネモ2.jpg
ネモ3.jpgネモ4.jpg


日本ではネモという名前の方が先に紹介されているのでしょうか?
現地タイではキャンディとも呼ばれているようで、鯉ベタの新しいカラーパターンとして紹介されています。いやね、以前から紅白の鯉ベタにはなんだか黄色いカラーがワンポイントで入る個体が多いなぁとは思っていたんですが、従来の赤・白・黒だったカラーパターンを赤・黄・黒、そして白に改良して来ましたよ…
通常の鯉ベタ以上に個体差が大きく好みの幅も広くなりそうな品種ですが、キャンディやらネモやら可愛らしい名前で呼ばれるだけあって見た目もとっても可愛いのです。
新しいモノ好きの方、いかがでしょう?メスの入荷もございますのでペアで繁殖させるのもアリです!

581739.jpg581740.jpg

ブラックパンサー

という名前で現地では紹介されていたようです。
コレなんですかね?最近流行のワイルドクロスにプラガットのファンシーかけたような?ターコイズだったりロイヤルとスチールの中間的な色味もブリラムシリーズに良く似ていますね、ペアで出回っていた感じもまさにって感じです。(ちゃんと現地で聞いてくれば良かった…)



他にも色々と、ベタの新着やら既に販売開始しているタイグッピーやら変わりダネを大量にぶっこんでおります。

ご興味のある方はゼヒ!



それでは。
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 16:54| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

入荷とお知らせ。

ども、ぱっくんちょです。

まずはコチラ!

IMG_3749.jpg
IMG_3759.jpg

L401で入荷!
ブリード個体で、キレイどころを選んで見ました。
いかがでしょう?ブリード個体になります。

そして

IMG_3760.jpg

こちらは前回お問い合わせ多数の中、秒殺で売り切れてしまったL333…ではなく、L236で入荷した細ラインのタイプになります。前回程衝撃的ではありませんが、あまりに反響が大きかった為一応頼んでみたらこちらの個体が到着。
ん?ってなりましたが、ドヤ感が半端じゃない笑顔だったのでスルーして入荷してみましたよ!

L236ブリードは他にも

IMG_3767.jpg
IMG_3770.jpg

こんな個体の他にももう少し来ています。

近々販売を開始する予定ではありますが、毎度おなじみ気になった個体がいましたら是非ともお問い合わせください!



あ、そうそう!

入荷個体やストック中の個体、細かな情報をお届けできるようチャーム公式Twitterアカウントでぱっくんちょがつぶやく事になりました。不慣れですので意味の分からない行動を取るかも知れませんが、そんな時はやさしく止めてやって下さい…

…それでは!
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 14:11| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

グレートスカーレットトリム。

ども、ぱっくんちょです。
昨日のベレン便で面白い魚が来ていますので、ご紹介します。

444-1.jpg
A個体

スカーレットトリム“インペラトリズ産”
表記では“Imperatriz”という地名のようです。

ふっつーのスカーレットじゃね?と思われがちですが、
いわゆる“グレートスカーレットトリム”や“ウルトラグレートスカーレットトリム”として紹介されるタイプで、スカーレットトリムとウルトラスカーレットトリムのハイブリット説や、キングスカーレットの地域タイプだのと言われている種類です。

特徴的にはスカーレットトリムのオリーブグリーンの体色に黒い斑紋がウルスカのように入り、成長と共に全身が黒く、そして棘条が真っ赤に残るようになっていくとか何とか…他にも目が銀だのなんだのといわれているようですが、どうなんでしょう?模様の入り方や体型、色味には言わずもがな個体差が…

とまぁ、希少な種類ですし個体差もすごいので奮発して9匹仕入れみましたよ!全数で20匹輸入中、9匹がチャーム!キレイドコロから抜いて持って来ておりますのでご期待くださいね。

今日のブログでは先の画像の個体を含め、5個体を紹介しますぞい。

333-1.jpg
B個体

111-1.jpg
C個体

222-1.jpg
D個体

555-1.jpg
E個体

どれもこれも15〜18cm程度でしょうか?

このサイズの次回輸入予定は無く、現地のストックではもっと大き目の個体しか持っていなかったそうです。微妙だから持ってこなかったのでしょうかね?

さてさて、他にも

ゴールデンサンダーロイヤル“ジャマンシン”のチビサイズたっぷりと、大き目22〜25cm程度の個体を3匹…フラッシュゴールデンのキレイドコロの小さくお求め易い価格のものや、超ビックなイレギュラースポットをしたロイヤルスポットグローボなんぞも来ております。

これから南米からの現地セレクト個体がわんさか来る予定ですので、お楽しみに!

そうそう

グレートスカーレットトリム、気になった方は店頭やメールでのお問い合わせも可能な限りお応え致します。“ぱっくんちょブログ見てやったぜ”とお問い合わせくださいませませ。



それでは。
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 18:13| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする