2016年01月22日

でぃーぷな。

ども、ぱっくんちょです。

49483-1[1].jpg

一部のコアなファンの皆様・・・お待たせ致しました。

アファニウス・メントの入荷でございます。

チチカカ巨大メダカを小型にしたような特徴的な種類・・・
昔は卵生メダカといえば本種も代表種にあがるほどメジャーだった時代もあるようですが、現在ではめっきり流通が減ってしまいました。ヨーロッパでのブリードも見られず、現状ではドイツ頼みなところまで来てしまっており、それでも年に数回来るか来ないか・・・

派手な美しさは無いものの、黒地にパール状にスポットが広がる本種は見ていて飽きがきません。

それと、今回はメントの外に

Aphanius vladykovi

も、来ております・・・
こちらは新着ですかね?
少なくともチャームへの入荷はお初になります。

リリースまでは撮影等々がありますのでもう少々かかってしまいますが、状態バッチリでスタンバイしておりますのでお楽しみに!

・・・

それでは。
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 21:07| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

珍カラ祭、他。

ども、ぱっくんちょです。

46090-1[1].jpg

昨日朝も早よから遅くまで、久々に買い付けに行って参りましたので一部をご紹介。
今回ご紹介する種類の販売開始はトリートメントをかけ、来週の中頃にはと予定しております。

まずは

ファイアーテールホタルテトラ!

体側の特徴的なラインと、“ホタル”と名に付くだけはある尾筒と目に見られる鮮やかな赤が印象的な種類です。輸入自体が極少な本種ですが、珍しく今回まとまった数を確保できました・・・とは言っても、100も200もいる訳では無く、次なんてあるのか無いのかって感じですのでお急ぎくださいませ。

そうそう

今回輸入ロットの中から、1.5〜3cm以内の若くて綺麗な個体は全て確保して来ております。
3cm〜の個体は長く楽しめないし、やはり飼い込む醍醐味が欲しいかな・・・と。
実際、このサイズの良個体はこのロットについて言えばチャームでしかご購入頂けませんので…
お探しであれば是非ご検討くださいませ!

46877-2[1].jpg

キャンディテトラ

いわゆるスーパーコーヒービーンです。
見た目はアメリカンテイストです。

極々少数の入荷ですが、こちらも久々!
うっすらとレモンイエローの体色のコーヒービーンテトラといったら良いのでしょうか?透明感のある体色はまさにキャンディ…命名した方のセンスが伺えます。じっくり買い込んで頂けば、赤く色付いてさらに見栄えがしてきます。


140374-1[1].jpg


ブルーダイヤモンドコンゴ

サファイアコンゴのインボイスの方が有名でしょうか?
今回はオスのみを選別してきております。
というか、メス欲しい方・・・いないですよね?泣
コンゴといえば、スーパーレッドチェリーや最近ではゴールデンコンゴなどがスター選手的な扱いでチヤホヤされていますが、私個人的にはレイアウトにも合うし、この瑞々しく輝くブルーの体色は他に類を見ないものと思っており、間違いなくこやつがナンバーワンであると思っております。(私個人調べ)

・・・

他にも、Hy.ミノールやアストロノータス・オルビクラータス“ウアツマ”、ムスタングトリム(4〜5cm)、ロングノーズゴッセイ(セウシィ)、ゴッセイ、ファインスポットゴッセイ、グラキリスなどなどなど…

ドイツ便のアフリカンなども多数来ておりますので。

・・・お楽しみに!
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 12:01| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

クィーン。

ども、ぱっくんちょです。

17483-1[1].jpg

オレンジフィン・カイザー

なんだか禁漁説が流れて来ていますね…
輸入が無くなっては非常に寂しい種類です。

まぁ、審議はともかく今回のロット…
イリリ産のクィーンになります。
スポット大き目、キレイめな個体が揃っていますが、価格的には頑張れていると思います。ここ最近スターダスト的な細かなスポットの個体ばかりの入荷だったのでメリハリのあるものをお求めの方も多かったのではないでしょうか。

大き目のMサイズも同産地の個体になりますので是非そちらもお試しください。



それでは。
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 21:27| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする