2017年01月08日

入荷情報

ビッツァーです。

132989-1.jpg

ブラキッシュウォーターフロッグ・フィッシュ(淡水カエルアンコウ)

昨年1匹のみ仕入・販売させて頂きましたが、お客様からの問い合わせが多く、今回新年1発目に仕入させて頂きました。
水槽でじっとしていることが多く、何と言っても顔が印象的ですよね。ブサカワ!!!
当店ではメダカを1、2匹ずつ与えています。
純淡水でも飼育可とのことですが、当店では若干の汽水で飼育・ストックしています。

132989-3.jpg

飼育するにあたって、空気を吸い込んでしまうと体外に上手く出せず、遊泳不全や転覆に陥ってしまいます。
水槽に導入・管理時には空気中に個体をさらけ出さない様注意が必要です。
次回仕入は未定ですので、当店に在庫があるうちにお買い求め下さい。
って言ってもリリースはまだですので、今週末ぐらいにホームページから確認して下さい。

今年も魅力的な種など、お客様に満足して頂けるよう努めていきますので、宜しくお願いします。

それでは。
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

黒殺し屋貝

皆さん明けましておめでとうございます。たびたび変な物を紹介するナーリーです。(`・ω・´)ゞ
久々に衝撃的(個人的に)な生き物が入荷しました!!
ブラックキラー・スネール.jpg
ブラックキラー・スネールです!
中二病を彷彿させる名前ですが、通常のキラースネールとは違い、黒色の鼻(口吻)!!黒の面積が多いスイトライプ模様!!まさにアサシンスネールと言ったところでしょうか?
黄色い貝殻を持った個体も稀にいますが、このカラーならレイアウト水槽でも主張が強過ぎなくていい感じではないでしょうか?
もちろん通常のキラースネール同様に巻貝駆除や残餌処理に役立ちますよ。ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

肝心の種類詳細については分かっていいない事が多く、今の所は同種扱いの様ですが貝殻の形が若干スレンダーでキラースネール独特の溝の入りが弱い気が・・・?( ゚д゚)??


続きまして
ストライプトランペット・スネール.jpg
ストライプトランペット・スネールです
ブラックキラースネールと良く似た色彩を持つカワニナの仲間です。
体色が綺麗なカワニナの仲間は色々知られていますが、殻に模様があるカワニナは珍しいですね。
原産地はブラックキラー・スネール同様にジャワ島となっていますが、このカワニナはブラックキラー・スネールに擬態しているのでしょうか?たまたま同じような模様なのでしょうか?
生き物とは不思議なものですね。(*´ー`)

それでは今回はこの辺で!
またいつの日か!(๑•̀ㅂ•́)ノシ
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 20:30| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

明けまして…

ども、ぱっくんちょです。
本年もよろしくお願い致します…では早速。

147589-1.jpg

アピストグラマ・エリザベサエ“ウアウペス”(ワイルド)

毎度人気の高いサエ、現在販売中の個体は年内に採集輸入された極上の頬赤、赤腹のセレクト個体になります。なんとな〜くな個体でもよろしければ通年を通して入手可能といえば可能なのですが、このような極上個体は毎年11月下旬〜1月頃に輸入される個体に限るような気がします…

実際、ワイルド個体にこだわらなければ正直ウィルヘルムブリ―ドの個体やヨーロッパブリードでもめっちゃ赤い個体は輸入が来るのですが、こちらは正直何といいますか…ただ赤いだけというか…あまり深みのある発色は望めないのです。
じゃあワイルド個体の何がそんなに良いの?と問われれば、赤の発色だけでなくグリーンメタリックの光沢がかかっており見る角度やフィンスプをしている時などの見応えはブリード個体では到底味わえないであろう野性味溢れる美しさを堪能できたり…何よりもどんなに美しい発色をしたブリード個体でも、やはり体型がずんぐりむっくりとしていたり、ヒレの形状が少しお下品だったりと難点が多く見つかってしまうこともしばしば。

ワイルド個体のデメリットが全くない訳ではありませんが、発色やプロポーションなどの個体差に関しては担当スタッフが厳選して買い付けてきておりますのでご安心くださいませ。

販売中のペアは若い発色の良いオス個体とメス個体のペアでの発送となりますので、これからご自宅で更に仕上げて長く楽しめますのでおすすめですよ!

新年最初に極上のサエ、いかがでしょうか?





そうそう!
福袋セールをお買い上げのお客様、誠にありがとうございます。
特にキンペコ、キングロイヤル、インペのブリード個体に関しては十二分に在庫を用意しておいたのにも関わらず2日もたず完売御礼…毎日普段では考えられない数のプレコ達をせっせと発送させていただいております。文字通り赤字覚悟の超特価で臨んだ甲斐あってか、ご好評を頂けて私も嬉しい限り…涙腺が緩んで血の涙が噴出しそうでございます。

完売後もカスタマーサポートや邑楽店でのお問い合わせが来ておりますが、福袋分に関しましては完売となっておりますので何卒ご了承くださいませ。また、福袋セール期間が終わりましたら少量ではございますが通常販売分のリリースを予定しております。



それでは。
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 20:50| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする