2017年01月14日

か〜らしん


どうもぱなぱなです。
今回は状態が良くおススメな生体を紹介しようと思います。


140200-1.jpg

ブリタニクティス・アクセルロディ
尾びれ付近が赤く染まる珍カラです。
オスの尾びれにはフック状の器官があることでも有名ですね。
このフックを初めて見たとき自分は奇形?ゴミがついてる?のかと勘違いしました…
当店ではイトメ、ブラインを与えて管理しています。


17203-1.jpg

へミグラムス・スティクタス
こちらも尾びれが赤く染まり、体側に黒いスポットが入ります。
ライムグリーンの発色も美しく弱酸性の水質で飼育してあげてください。


140181-1.jpg

ハイフェソブリコン・ヴィルマエ(ワイルド)
こちらは橙色に黒のラインが魅力的で、性格も温和です。
水草水槽にも特におススメですよ!!
ワイルド個体とブリード個体の両方を扱っておりますのでお好きなほうをお選び下さい。


47935-1.jpg

レッドフィン・ケイロドン
各ヒレが赤く発色するのが特徴的で、ハイフェソブリコン・ヴィルマエとは対照的で気の荒い種です。
在庫している個体も非常に赤く綺麗ですし、なによりカッチョエェです。
ぜひヒレの赤い発色をお客様の水槽で眺めてください!!

どれも在庫は多くありませんので早いもの勝ちです。
状態もいいですのでこの機会にぜひいかがでしょうか!


それでは…
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 22:32| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする