2017年02月18日

スファエリクティス


どうもぱなぱなです。


46183-1.jpg

スファエリクティス・セラタネンシス

見た目がチョコグラに似ておりよく比較されるセラタネンシスです。
こちらは体側の白いラインが縦にも入り、ヒレに赤みが出てくるのが特徴です。
チョコグラの仲間ですので飼育に関してはチョコグラ同様で、ブラックウォーターにして清潔な水質を保ってください。強い水流も苦手ですのでスポンジフィルターもしくは水流が弱くなるように調整してあげて下さい。
当店ではブラインと赤虫で管理してますのでブラインが用意できない人もご安心ください!
流通量は決して多くない気がします…のでぜひお早めに!!


147890-1.jpg

パラスファエリクティス・オケラータス

体側の目玉のような黒い丸が特徴的なチョコグラの仲間です。
飼育、管理方法は上記のセラタネンシスと同様で大丈夫です!
ブラインと赤虫で管理しており、人工飼料にはこれから餌付かせていきます。
オケラータスつながりで…


17491-1.jpg

ネオンランプロローグス・オケラータス

今月のアクアライフで掲載されていますようにタンガニイカ湖に生息し、巻貝を使って子育てをするシクリッドです。
雌雄の判別は難しいので、複数匹で飼育し自然にペアを得たほうがいいです。巻貝は繁殖に使うだけでなく、成魚の隠れ家にもしたりしますので見ていて飽きないですヨ!
サイズも小さく、なにより親魚に任せておいても問題ないといういいとこ尽くしな魚です。
カラバリエーションもありブルーのタイプもいますので、ネオタウマの貝殻とご一緒にいかがでしょうか。

それでは…
posted by チャーム熱帯魚&エビ Blog担当 at 23:07| 魚のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする